作家紹介


kaorikid

1996年生まれ

芸術大学へ進学後、在学中からイラストなどを使用した作品制作を開始。a.a.c.の作家。
尊敬する人はウォルト・ディズニー。
オールドミュージカル、ドラマ、1970〜80年代アニメ鑑賞が趣味です。

経歴

2016年
・一浪の後、京都市立芸術大学へ入学
油画専攻から構想設計専攻へ転攻。映像や舞台表現に興味を持つ。
・芸大ミュージカル部に2年在籍。役者を務める。
・芸祭にて、「絵本 後でデートでもどうかしら」の初版を頒布。

2017年
劇団三毛猫座に役者として所属(※現在も在籍)
劇団三毛猫座 QSC2017応募作品「鰯の頭も信心から」 母役

2018年
劇団三毛猫座朗読劇「ことばの組曲 1.夜」 出演
ここまでわかった甲賀忍者  挿絵デザインなどを担当
・自主制作動画「We Love Each Other
劇団三毛猫座 3CASTS Vol.5「カリウムドーナツ」 ウサギ役

2019年
・文芸社現代詩大賞 優秀賞 「詩集 唇が紅くなければ」 
同年11月にアンソロジーとして「それぞれの現代詩2019」に掲載、書籍化。現在も発売中。
・イラストと詩を組み合わせた作品をSNSに投稿。
インスタレーション「声の保管」大学のOCで展示。

2020年
・インスタレーション「理想の女@SNS」大学の卒業制作展で展示。
・第二回izure大賞 入賞 「後でデートでもどうかしら」
同年9月に、過去作品を含めて「kaorikid短編集」として電子書籍化。現在も発売中。
・11月絵本雑誌 The Package Ribbon の発刊。
・12月3日~28日に小さな個展「お話から覗く愛しい世界」を開催。

Top Page