べつのくに

遠い国の、あるときのおはなし。
ファンタジックな世界観と繊細なタッチで、おとぎ話のような物語を作ります。

【小説】別の国

ここではないべつのくに。時代も空間も全く違う人たちのお話を、絵のついた小説として作品にしました。 月の石 月の石を質に入れに来た女性と、異形の商人の会話劇。ファンタジー要素を取り入れながらも、会話の内…

すべての作品を見る

三つのエリア

ひとりの中

誰しもが持っている感情、思い、その日の気づき。
抽象的な絵や文を組み合わせ、心象風景を作品にします。

愛しい日々

ふとした一瞬、ある日の日常。
スナップショットのような場面の切り取り方で、キャラクターの感情を中心にしたストーリーを描きます。

べつのくに

遠い国の、あるときのおはなし。
ファンタジックな世界観と繊細なタッチで、おとぎ話のような物語を作ります。

Top Page