a.a.c.について

a.a.c. って、何?

a.a.c. は、an amateure creation 
(あるアマチュアの制作所)の略称。

2016 年から活動する作家
kaorikid の自主制作グループです。


‟ないはずのノスタルジー”

知らないはずなのに知っているような、
懐かしさと親しみを感じる映像やイラスト、
文を使った物語作品を発表しています。

作品をさらに見る


これまでの活動

2016

絵本 後でデートでもどうかしら 
初版(自主制作版)

・イラスト制作を本格的に始める。

2018

動画作品 we love each other(自主制作)
楽曲をもとに実写コマ割りアニメで、
オールドミュージカルのような動画を制作。

詩集 唇が紅くなければ 初版(自主制作)
「選ぶ、選ばれる」をテーマに詩集制作。
イベントで頒布。

2019

唇が紅くなければ 文芸社現代詩大賞 優秀賞
副賞として他の受賞者の作品とともに出版
(現在も入手可能です。書籍名:それぞれの現代詩 2019 出版社名:文芸社 )

インスタレーション 声の保管

詩集絵日記 湿ったり晴れたりの制作
3 か月間の日記を絵と詩で表現

2020

a.a.c. の名称を使って、
映像、アニメーション制作を開始。

絵本 Statice の制作
※現在も twitter で更新中。

後でデートでもどうかしら
第 2 回 izure 大賞入賞

副賞として過去作品とともに電子書籍化。
2020 年 9 月 12 日から各電子書籍サイト
で有料配信。

・オリジナルアニメを自主制作中。
乞うご期待ください。

・11月 絵本雑誌 The Package Ribbon の発刊。

・12月3日~28日まで、個展「お話から覗く愛しい世界」を開催。

ご依頼について


a.a.c.では現在、
イラスト分野のお仕事を募集しています。
ご依頼から納品までの流れを説明します。